株式会社ダイテックスは基板分割・各種素材打抜き機とそれに付随する型をワンストップで製造販売しております

硬質基板分割

基板分割刃型の基礎

<基板分割刃型の基礎>
☆分割方法の種類について

基板の分割は下に見られるように多種多様な方法があり
その中で弊社では「上下刃型」と「当て切り」を採用しています。
①上下刃型

長所・短所
・比較的小さいプレス圧力で分割できます
・切断面は良好です
・初期費用が若干かかります

 

②当て切り

長所・短所
・比較的小さいプレス圧力で分割できます
・切断面は良好です

 

③V溝折り割り

長所・短所
・Vカットを入れる費用がやや嵩みます
・折り曲げる為、歪みが大きい
・比較的簡単な治具でできます
・小ロット、単品取りの分割に適しています。

 

④シャー切

長所・短所
・一括分割に対応出来る(形状によります)
・初期費用が若干掛かります
・クランプ機構が必要です

 

⑤金型方式

長所・短所
・一括分割に対応出来る(形状によります)
・初期費用が若干掛かります
・切断面は良好です
・脱着の段取りにやや手間取ります

 

⑥ルーター

長所・短所
・初期費用が掛かります
・分割の際、やや切断くずが出る
・小ロットの分割に適しています

 

⑦個別切断

長所・短所
・初期費用がやや掛かります
・治具(分割刃物)のみの消耗ですみます

 

☆上下刃型について
[1]
トムソン型(ビク型)と呼ばれる刃型を用いて印刷用紙などを切断する場合、反対側を当て板で押さえておいて切断します。
当て板の代わりに、反対側も同じ刃型にしたものが上下刃型です。
片面の刃型に比べ、基板に対する分割性が良くなり、また刃の耐久性(寿命)がずいぶん良くなります。
紙フェノールやガラエポ、アリブ基板などの硬質基板を分割するのに適しています。
プリント基板以外にも、アクリル樹脂などの切断にも適しています。

 

☆加圧の計算方法について
基板分割において、実際の作業を進めて行く上で重要な事柄として、
分割時の加圧量を計算する必要があります。
計算方法にはさまざまな理論がありますが、一般的に下記材料に於いては、
以下の計算方法にて算出する事が可能です。

なお、実際の分割装置のうち、テコの原理を応用した手動タイプで量産する場合、
加圧量は1000kg程度が体力的に限界のようです。
下記例においては、紙フェノール/コンポジットの場合の768kg程度では使用出来そうですが、
ガラスエポキシの場合、1040kg程度となる為、エアーや電気を利用した自動タイプをお勧め致します。

ガラエポ(FR4)
「必要加圧量(kg)=切断箇所の総切断長(mm)×基板の厚み(mm)×10(定数)」

計算例:
[1]
上図条件
・1シート36個の製品基板
・1個あたり4箇所の切断位置
・1箇所あたりの切断部長さ1.2mm
・基板の厚み0.6mm

総切断長 172.8 (mm)
(= 36(1シートあたりの製品個数)×4(1製品あたりの切断個数)×1.2(1箇所あたりの切断長))

基板の厚み 0.6 (mm)

定数 10

必要加圧量 172.8(mm) x 0.6(mm) x 10 = 1036.8(kg)

紙フェノール/コンポジット(CM3)

「必要加圧量(kg)=切断箇所の総切断長(mm)×基板の厚み(mm)×6(定数)」

計算例:

上図条件
・1シート4個の製品基板
・1個あたり2箇所の切断位置
・1箇所あたりの切断部長さ20mm
・基板の厚み1.6mm

※カットポジションにV溝切削加工済み

総切断長 160 (mm)
(= 4(1シートあたりの製品個数)×2(1製品あたりの切断個数)×20(1箇所あたりの切断長))

基板の厚み 1.6 (mm)ですが、V溝加工済みの為半分程度の 0.8(mm)と仮定

定数 6

必要加圧量 160(mm) x 0.8(mm) x 6 = 768(kg)

 

☆アリブ基板の分割について
不織布から成る新素材“アリブ”の基板は、
これまで用いられてきた基板と比べると、分割することがなかなか難しいようです。
分割方法によっては、糸くずのようなものが切断面に残る傾向があるようです。
私たちも、最適な分割方法を提供すべく工夫を重ねています。
アリブ基板断面の撮影

真横から

斜面から

詳しいお話や不明な点ございましたら、
是非お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

2・3営業日ほど
お時間をいただく場合がございます。
ご了承くださいませ。

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

075-922-6004 [受付時間]
8:30〜17:30(土・日・祝はお休み)